レンゴーグループのネットワーク

レンゴーグループは朋和産業などの各業界でトップクラスの実績を誇る企業が集まった、日本を代表するグループです。日本だけではなくて海外にも拠点を設けており、その規模の大きさは包装業界ではトップクラスだといえます。それを可能にしているのがレンゴーグループならではのネットワークです。

このグループは包装に関する事業を行っている企業が集合しており、「製紙」「段ボール」「紙器」「軟包装」「重包装」などのスペシャリストが顔をそろえています。だからこそお互いの強みを生かすことができ、多種多様な包装アイテムを作っているので、弱みを補うことも可能です。

レンゴーグループの本社は東京都に位置しており、直営の工場だけでも日本に34存在し、海外には127もの工場があります。日本においては北は北海道から南は宮崎県にまで営業所があり、まさに日本全国をレンゴーグループのネットワークが結んでいるといえるでしょう。

レンゴーの直営工場は巨大なものが多く、日々様々な包装用品が作られています。

レンゴーグループの軟包装部門で存在感を放っているのが朋和産業株式会社で、プラスチックフィルムや紙による軟包装用品を製造しています。ちなみにレンゴーグループで軟包装を担当する企業は上記と別にもう一社あり、グループ内での連携を深めることでより良い製品づくりにつなげています。

全国に散らばっている工場や営業所はすべてがレンゴーグループのネットワークで結びついていますが、それだけではなく工場や営業所はその地域に根差した活動も行っているため、地域密着型の経営戦略も魅力でしょう。包装業界は非常に競争が激しいことで知られていますが、密接なネットワークを築くことによって支えあい、より良い実績をあげるに至っています。

またレンゴーグループのネットワークは日本だけではなく世界規模となっています。
基本的にはアジアで大規模な事業展開を行っていますが、その他にもアメリカをはじめとした国々でレベルの高い包装用品を提供しています。

朋和産業も海外で事業展開しており、自慢の軟包装用品の開発に勤しんでいるのです。

レンゴーグループという非常に大きな母体があるからこそ、日本をはじめとした国で積極的な企業活動が行えるのでしょう。同業種の企業が複数集まってネットワークを構築することは大きな武器となります。レンゴーグループのネットワークは今後も広がりを見せることは確実です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする