いわき大王製紙株式会社の概要と精密書類リサイクル

いわき大王製紙株式会社は福島県いわき市に本社を置く企業で、主に新聞に使用する用紙やダンボール製造の際に活用する原紙を作っています。
設立されて20年程度ではありますが、年間の売り上げは200億円を超えており、従業員数も200名を超えています。

いわき大王製紙株式会社は単純に新しい紙を製造するわけではなく、地球環境のことも考えて古紙を最大限に利用するという目標のもと事業活動を行っています。
とはいっても簡単に古紙を再生できるわけではありませんから、同社では高い技術レベルを活かした加工を行っているのです。
地球環境の維持や良化に寄与しており、二酸化炭素を削減するなどしていることが認められて、通商産業大臣賞を受賞しています。
人間にとって欠かすことができない紙を環境に配慮した形で生み出すことができるのは大きな魅力であり特徴だと思います。

いわき大王製紙株式会社は機密書類リサイクルに関する事業も展開しています。
リサイクルをすることにより当然環境を守ることにもつながりますし、それだけではなく他にも様々なメリットを享受することができるでしょう。
機密書類には秘匿性の高い情報が多数記載されているため非常に扱いが難しいと言われています。
それらの書類をトラブルなくきちんとリサイクルを行うというのは簡単なことではありませんが、いわき大王製紙株式会社が有している技術力を活用することにより、問題なく遂行することができています。

溶解という方法で機密書類を処理しますが、その際には溶解処理証明書を発行することも可能なので依頼する企業側も安心でしょう。
それだけでは不安だという際には処理をする現場に立ち入ることもでき、低リスク&ローコストで安全性に配慮したリサイクルが行われています。

そして同社は情報セキュリティマネジメントシステムのISO27001認証の取得も行っていて、第三者機関に安全性の高さが認められたといっても過言ではないでしょう。

また地元地域との共生を目指していて、それを実現させるために工場の見学会や就業体験学習公共施設における展示活動、清掃活動、その他活動などを実施しています。
そして働いている従業員の安全性に対する意識を向上させるための運動にも注力しており、結果的にそれが機密書類のリサイクルに結びついているのです。
いわき大王製紙株式会社は機密書類リサイクルに関する事業の他にも、様々な事業を展開しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする