森紙業グループの最新機器

森紙業グループの歴史はとても長くて、歴史は明治23年からはじまります。
優に一世紀以上の歴史があり、その間に積み重ねられてきた実績やノウハウはとても大きいのではないでしょうか。

森紙業グループは京都市南区に本社がある企業で、日本国内に工場を31、そして支店が4つ、それだけでなく海外にも1つの工場を設けています。
資本金は3億1000万円で、2017年度3月実績の売上高は単体で605億円、連結決算対象の17社を合計すると995億円となります。
従業員数も単体で340名、グループ全体であれば2,251名となっており、規模の大きさを知ることができるでしょう。

ダンボールの製造や加工、販売に尽力しており、またラミネート紙やその他の紙器類の製造や加工なども手がけています。
これらの事業を問題なく遂行できるのは、森紙業グループが最新の機器類を導入しているからにほかなりません。
もちろん最新機器だけでなく従業員の技術力やモチベーションの高さなども好影響を与えているのですが、こういった事業においてどのような機器を活用しているのかはとても重要なポイントとなります。

具体的に森紙業グループでは、コルゲートマシンやフレキソフォルダーグルア、ボブストのような機器類を取り入れていて、これらをうまく活用することでより良い製品づくりに繋げています。
自社にとって有益な最新機器を導入することによるメリットは大きく、上記の他にもロータリーダイカッタやオートプラテンといった最新機器の導入に一生懸命です。

紙業メーカーの中には新しい機器の導入に積極的ではないところも少なからずありますが、それではクライアント企業が求めるニーズにうまくこたえることがなかなかできませんし、コストパフォーマンスを高めることも難しくなるでしょう。
森紙業グループは単純に最新機器を導入しているだけではなくて、それらの重要機器をうまく扱うことができる人材の育成にも励んでいます。
結果的に製造される製品の品質レベルが向上して、クライアント企業やエンドユーザーがメリットを得られるようになっているのです。

例えば原資自動供給装置、コントロール室なども導入されていて、これのおかげで非常にスムーズに製品づくりが行えるようになっています。
従業員の労力を減らすだけではなくて、確実性の高い製品づくりが行えるのも森紙業グループが取り入れている最新機器のおかげではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする