朋和産業株式会社の取り組みと評判

朋和産業株式会社の取り組み

朋和産業株式会社は日本を代表する軟包装企業で、1962年の設立以降驚くようなスピードで成長を遂げています。

その背景にあるのは包装用品を扱うユーザーのことを第一に考えた製品開発や製造を行っている点にあります。同様の事業を展開している企業は日本中に様々ありますが、独自性溢れる取り組みを行っている強みもあり、今では年商500億円以上、従業員数は約1500名の規模になりました。

具体的に同社が行っている取り組みを紹介します。

まず挙げられる取り組み内容には、クオリティの確保があります。同社は包装用品のクオリティに重きを置いており、使いやすくてそれぞれの商品に最適な商品開発を行い、必要とされる軟包装を生み出しています。

包装用品を使用する食品企業やその他の企業が必要としているものを察知し、またエンドユーザーが求めている内容も把握して製品づくりに生かしている点も同社が行っている取り組み内容です。

何と言っても品質を確保するための取り組みが凄まじく、工場にISO認証取得させたり、徹底した衛生管理も行い、また品質を確保するために光学式顕微鏡やガスクロマトグラフィー、フーリエ変換赤外分光光度計といった研究所レベルの専用機器を導入しています。こういった取り組みのおかげですべての製品が安全性をクリアしているといえます。

商品の包装を行う企業だけではなくて、エンドユーザーにも維持されているというのは大きな強みでしょう。

またマーケティングソリューションにも注力していて、この分野への取り組みは徹底しています。実際にどのような軟包装用品が求められているかを調査し、そのうえでクライアント企業に対してプレゼンテーションを行っています。

そして単純に包装用品の品質を向上させるだけではなく、デザインにもこだわりを見せていて売るための包装用品の開発を行っているのです。包装用品の完成までには様々な工程を経ますが、最終的にはバーコード管理システムを活用し確実性の高い在庫管理をし、間違いのない管理を実施しています。

例えば朋和産業株式会社が実践しているマーケティングリサーチには、消費トレンドの分析やネット活用したアンケート、詳細なターゲット分析などがあり、その後のプランニングにおいてもブランディングやコミュニケーション開発、そして企画にも取り組み、世間に受け入れられるための製品作りを実施しています。

朋和産業株式会社の評判

今現在日本国内だけでも毎日相当な数の包装用品が必要とされています。中でも食料品や日用品を包装している軟包装はかなりの需要があり、様々な工場で製造されているのです。

朋和産業株式会社は1ヶ月あたり地球を3周するほどの長さの印刷が可能で、その圧倒的な製造力により必要とされる量の製品作りを行っています。

そして軟包装用品には絶対に欠かせない衛生管理に高い基準を設定して実行していますが、これは食品を製造する企業と同程度の高いレベルの衛生管理ですから、安心できる環境だといえるでしょう。軟包装は食品を包装することが非常に多いためこのような取り組みは至るところで支持されていて、製品力の高さだけではなく安全性の高さも同社の自慢でしょう。

包装業界の中には各工程ごとに別企業が製造を行うところもありますが、朋和産業株式会社はすぐれた品質を確保するために一貫生産を導入しています。

ただ単純に包装用品を作るだけではなく、デザインやプランニング、さらにはマーケティングも必要とされるため、同社のように一貫して製造が行える企業は数少ないでしょう。一貫生産を行うからこそ可能なことやメリットもたくさんあり、実際にクライアント企業が製品作りを依頼してから納品までの期間はかなりスピーディーです。

これが可能なのは同社が多種多様な取り組みを行ってきたからこそです。

製品づくりに関する取り組みのみならず、環境保全のための活動にも着手しています。具体的に環境を守るための方針を定めており、各種資源の保全や広報活動の実施、環境マネージメントシステムの構築にも力をいれていて、実際に朋和の杜という活動も行っているのが特徴です。

マテリアルリサイクルやサーマルリサイクルへの取り組みにも積極的で、責任ある企業としての役割をしっかりと果たしています。それだけではなくて地域関連の活動にも注力しており、地元とのつながりを強くし、より良い環境のなか軟包装用品の製造ができるような取り組みに一生懸命です。

様々な面で強みを見せている同社ですが、一番の強みは何といっても商品開発力でしょう。HW-リクローズや開封機能付フィルム、イージーピールトップ材、スタンディング360、易開封包装などの開発に成功していて、消費者からも使い勝手の良さにより注目されています。朋和産業株式会社は様々な分野に関する取り組みを実施しているので、これからも成長し続けることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする