株式会社シモジマとは?

株式会社シモジマは包装用品をはじめ店舗用装飾品、事務用品などを扱っている専門商社です。2020年に創業100年を迎える老舗企業でもありますが、ここで株式会社シモジマの概要や事業内容についてご紹介していきましょう。

株式会社シモジマの会社概要について

株式会社シモジマは大正9年に創業、昭和37年4月26日に会社が設立されました。本社は東京都台東区浅草橋に所在していますが、東京・千葉・栃木・愛知・岐阜・大阪など東名阪地区を中心に、全国に直営店舗を構えています。現在は、代表取締役社長の下島和光氏を筆頭に846名の従業員(平成30年3月31日時点)で事業を展開させています。

包装用品やこれに関連する事業を基盤とする中で、商品価値の向上や新たなラッピング文化を築き上げることにも努めています。常にお客様の立場に立って商品やサービスを提供することを肝に命じ、今後も満足していただけるように精神の継承が会社内でも行われていると考えられるでしょう。

株式会社シモジマの事業内容とは

株式会社シモジマの主な事業内容は以下の通りです。

紙製品事業

オリジナルブランドの紙袋や包装紙、紙器などの販売です。商品は形状が持続しやすい特性を持ち、高級感が出るよう印刷効果を工夫しています。環境面においてはリサイクルした素材を用いて環境に配慮するなど、製造体制の充実化に努めています。セグメント別連結売上高は直近の平成28年3月期では、96億円3百万円を達成しました。

化成品・包装用品事業

ポリ袋や粘着テープ、食品や農業の包装資材、リボンなど様々な商品を取り扱っています。化成品に関してはできるだけ安価で軽量な商品になるよう注力し、業務効率の向上に役立つよう努めているのが特徴です。低下格商品化への移行が進んでいる中、株式会社シモジマでは多様な調達ルートを活かして商品開発と拡販にも努めています。平成28年3月期のセグメント別連結売上高は257億75百万円という業績を残しています。

店舗用品事業文具事務用品やPOP用品、店舗装飾品、アパレル関連系の資材、園芸資材など

店舗や会社で使用する商品を展開しています。ナショナルブランド商品をはじめ数多くの商品ラインナップを持ち、他事業との相互作用によってワンストップショッピングを可能にしました。平成28年3月期のセグメント別連結売上高は128億98百万円でした。

まとめ

株式会社シモジマは包装材料卸の企画から販売まで行っているリーディングカンパニーです。多彩な包装商品を提供するために様々な事業を展開させ、常に新しい商品開発に注力しています。環境問題に対する意識も高く変化する社会背景に柔軟に対応できるよう、今後も代表取締役を中心核に経営を推進させていくことでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする